歴史資料(古文書はもちろん、古い本、近代の手紙・新聞・写真、古いふすま屏風、自治会などの記録や資料など)についてお困りの点がありましたら、徳島史料ネットまでお知らせ下さい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

設立集会が行われました!

「歴史資料ネットワーク・徳島」の設立集会が行われました。
全国的に資料ネットワークの構築がすすむなか、いよいよ徳島でも活動がはじまります。

神戸歴史資料ネットワークの方々をお招きして、記念講演〔奥村弘先生(神戸大学教授・歴史資料ネットワーク代表)〕と
ワークショップ〔添田仁先生(神戸大学大学院人文学研究科特命講師)〕を行っていただきました。

趣旨説明の様子
趣旨説明の様子


奥村氏ご講演

奥村氏ご講演02
奥村氏によるご講演の様子


板垣氏ご講演
板垣氏によるご講演の様子
災害現場でのレスキュー経験について語っていただきました。


添田氏による解説

添田氏による解説02
ワークショップでの添田氏による説明

水没した文書の救出方法について、レクチャーしています。 → 資料の修復方法(神戸資料ネットHP)
身近な道具(キッチンペーパーなど)をつかいます。
特別な道具は必要ないとのこと。

ワークショップの様子
ワークショップの様子
説明を聞いて、実際に取り組んでみました。


急速冷凍された資料
急速冷凍された資料
汚染がひどく、どうしても救出できない資料は、その場で急速冷凍されるそうです。


多くの方にご参加いただき、大変意義のある集会となりました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

「地域の歴史資料を守り、伝え、活かす」。
おじいさん、おばあさん、もっと昔から伝わってきた大事な記録・記憶。
みんなで大切にしていきたいですね。
今後、少しづつ文化財レスキューネットワークの輪がひろがっていくことを願っています。

スポンサーサイト
2012-09-17 : 活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

活動について

2012年 5月 「歴史資料ネットワーク・徳島」設立準備会

       9月16日~17日 「歴史資料ネットワーク・徳島」設立集会


2012-09-17 : 活動の記録 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

設立集会が開催されます(予告)

「歴史資料保全ネットワーク・徳島」の設立集会を行います。

神戸の歴史資料ネットワークの方々をお招きして、ご講演・ワークショップを開催します。
「神戸歴史資料ネットワーク」の歴史は長く、阪神淡路大震災を経て設立され、
数々の被災地で資料のレスキューを行うなど、先駆的な活動をされています。

文化財ってなに?
どうして文化財レスキューが必要なの?
災害と文書(もんじょ)がどうして関係があるの?
徳島の文化財をどのように守っていけばよいの?
家に資料があるのだけどどうすればよいのだろう?

少しでも関心のある方、ぜひ足を運んでみてください。
みんなで学び、考えていきましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。
ご協力よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時 2012年9月16日(日)13:30~17:00
場所 徳島大学 総合科学部1号館301講義室
内容
1.趣旨説明 (準備会事務局・町田 哲)
2.記念講演
 奥村 弘 氏(神戸大学教授・歴史資料ネットワーク代表)
 「大震災と地域歴史遺産保全-災害に強い豊かな地域歴史文化をめざして-」
3.ワークショップ
添田 仁 氏(神戸大学大学院人文学研究科特命講師)他
「だれでも出来る水損した古文書等の歴史資料の緊急保全ワークショップ」


主催 「歴史資料保全ネットワーク・徳島」設立準備会
共催 徳島地方史研究会、鳴門史学会


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2012-09-15 : イベント予告 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

会則

歴史資料保全ネットワーク・徳島 会則

第1条 本会は、「歴史資料保全ネットワーク・徳島」とよぶ(略称「徳島史料ネット」)。

第2条 本会は、主に徳島県等における歴史資料を「守り」、「記録し」、「伝える」ことをはかり、地域の歴史を未来に伝えていく営みを、
     多くの組織・個人との共同によって支え、培っていくことを目的とする。

第3条 前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 1.災害時の歴史資料(地域歴史遺産)の保存活動
 2.災害以前からの歴史資料の把握・所在確認等
 3.地域史をめぐる、地域住民、自治体、大学、史料保存機関・組織(博物館・文書館等)との連携・情報発信
 4.その他必要な活動

第4条 前条の趣旨に賛同し、諸活動に参加もしくは協力できる個人・団体は、会員になることができる。

第5条 本会の事務局は、鳴門教育大学社会系コース町田哲研究室(鳴門市鳴門町高島字中島748)に置く。

第6条 本会に代表1名、事務局長1名、運営委員若干名、監査1名を置く。代表は会全般を総括する。
    運営委員は運営委員会において会の運営や会計を担当・評議し、事務局長がその全体を統括する。
    監査は事務及び会計を監査する。
 2.運営委員は総会において会員から互選する。
 3.代表および事務局長は、運営委員の中から運営委員の推薦により、その任にあたる。
 4.任期は各2年とし、再任を妨げない。

第7条 本会は、毎年1回総会を開く。会員の3分の1以上の要請があれば臨時総会を開くことができる。

第8条 本会の運営費は、会員その他からの会費によってまかなう。ただし、金額については運営委員会が別途定める。

第9条 本会の会計年度は、9月1日より翌年8月31日までとする。

第10条 会則の改正は、総会の議決により行う。

第11条 この会則に定めるもののほか、運営について必要な事項は運営委員会において決定する。

付則 この会則は、2012年9月16日より施行する。

2012-09-15 : 会則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

歴史資料保全ネットワーク・徳島

Author:歴史資料保全ネットワーク・徳島
事務局長 町田哲
(MACHIDA Tetsu)
〒772-8502
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748
鳴門教育大学社会系コース 町田研究室内
℡088-687-6362
(研究室直通)
FAX088-687-6019(共同)
E-mail:
sudachi.shiryoアットgmail.com
(アットを@に変えてください)

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。