歴史資料(古文書はもちろん、古い本、近代の手紙・新聞・写真、古いふすま屏風、自治会などの記録や資料など)についてお困りの点がありましたら、徳島史料ネットまでお知らせ下さい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【告知】新潟県で被災地フォーラムが開催されます

「新潟県中越地震から東日本大震災へ-被災歴史資料の保全・活用の新しい方法をさぐる-」

・日程:2012年11月10日(土)13時~17時50分

・場所:新潟大学総合教育棟D棟1階大会議室

・主催:新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野

科学研究費補助金・基盤研究(S)「大規模自然災害時の史料保全論を基礎とした地域歴史資料学の構築」(代表・奥村弘、被災地フォーラム)

・共催:新潟大学人文学部附置地域文化連携センター、新潟歴史資料ネットワーク ほか


 大規模自然災害が日常的に起こり続ける日本列島で、わたしたちは災害に強い地域の歴史文化をどのように形成し、豊かにしていくのか。東日本大震災以降、被災地の個人や地域の歴史文化を未来につなぎ、崩壊の危機をむかえた地域社会の再生のために、あらためて地域歴史資料が注目されている。

 津波被災地域では、亡くなった方々の記憶にまつわる写真や位牌、様々な遺品をがれきの中から丁寧に探し集め、これを遺族に返却するという活動が広範に行われた。また、津波で土砂をかぶったお地蔵さんを住民が掘り出し、それを地域の記憶を伝えるものとして、安置する映像も全国に伝えられた。亡くなった人びとや地域にまつわる記憶、それを伝える品々は、被災者が生き、そしてかつての地域社会を取り戻していくなかで、大きな役割を担っているのである。

しかし、その一方で、市町村合併や高齢化など、急激な社会構造の変化のなかで、中山間部では地域社会が本来的な機能を失い、そこで保存されてきた地域歴史資料が滅失の危機をむかえている。地震による災害、地球温暖化に関連する大規模風水害の続発が、この事態を早めることになった。すでに、指定文化財を基本とした歴史資料保存や、地域住民による保全に依拠するのみでは、地域歴史資料の保全が不可能なことは明確であろう。この危機的状況のなかで、地域歴史資料を効果的に保全し、地域社会の再生に向けて活用するために、どのような手立てを講じればよいのか。

 2004年の新潟県中越地震以降、新潟県では、災害時の地域歴史資料の保全・活用をめぐって、先進的な取り組みが展開されてきた。県の「地域防災計画」には、「文化財の地震防災対策」として未指定文化財への対応が盛り込まれるなど、行政と民間が研究と交流を重ね、市民にも開かれた活動を続けている。東日本大震災においても証明されたように、そこで得られた教訓は、被災歴史資料の保全・活用の新しい方法として多くの示唆に富んでいる。

また、被災地の中山間部では、急激な人口移動のために過疎化が進み、地域社会が本来的に持っていた地域歴史資料を保全する機能が失われつつある。若い世代への歴史文化の継承が進まず、救われた歴史資料が戻る場所さえない地域も存在する。新潟県中越地震における山古志村をはじめとする、中山間部における被災地の現状と課題をふまえて、東日本大震災後の地域社会に予測される事態を見通すことが必要であろう。 

このように新潟県中越地震から東日本大震災までの歴史資料をめぐる活動の意義と、被災地の現状と課題をふまえて、来たるべき大規模災害に向けた地域歴史資料の保全と活用のための新しい方法を探りたい。

関連記事

2012-11-03 : 情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

歴史資料保全ネットワーク・徳島

Author:歴史資料保全ネットワーク・徳島
事務局長 町田哲
(MACHIDA Tetsu)
〒772-8502
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748
鳴門教育大学社会系コース 町田研究室内
℡088-687-6362
(研究室直通)
FAX088-687-6019(共同)
E-mail:
sudachi.shiryoアットgmail.com
(アットを@に変えてください)

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。